前へ
次へ

不動産を使った資産運用とは何か

不動産を利用して資産運用をするという話を、良く耳にします。
代表的な投資の対象となる資産と言うと金融商品や株、不動産ですがこれらの資産を使って収益を得ることが主な資産運用の意義です。
一般的な不動産の資産運用と言うと、大家さんになって誰かに不動産を貸し与えて、継続的に家賃収入を得ることです。
しかし不動産の資産運用をする目的は実は家賃収入の他に相続税を節税する目的もありますし、売却して収益を得るのも不動産を使った資産運用の一種です。
その上に重要なのは自分が所有している資産を、どのように運用していくかということです。
不動産を売却した資金で証券、株などを購入し運用する方が得な場合もあります。
このような不動産の資産運用の中でも、大家としてアパートやマンションを貸し与えて家賃収入を継続的に得ることは割合身近であると言えます。
購入した不動産物件を値上がりしたタイミングで売り払うことも株などに投資するのと比較すると身近でイメージしやすいです。

Page Top